カフェを形作る全てを1つの作品と考えゆるりとした
記憶に残る時間を過ごしてもらえる、
そんな場所で ありたいと思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
明日の開店時間

明日8月17日(土)は
身内の不幸により
みおくり をしてからの
オープンとさせて頂きます。

先日tysくんのおじさんが亡くなりました。
まだ60歳。
突然なことでした。

あたしも南雲のお家に嫁いでから
とても良くしてもらい
何度も一緒に食卓を囲んだおじさま。

あまりに急なことで信じられません。

物事は徐々に変化しているから
現実が線を引いたように変わるって
よっぽどの事がないと
ないと思っています。

天災や大切な人の突然の死。

そのよっぽどの事って
大体の人は近くで経験しないまま
自分の人生を終えるのだと思います。

当時、東京にいて中越地震が起きた時に
家族が無事だったことがわかって
本当に安心しました。
そしてその時に家族と離れて暮らして
お盆とお正月、年に2回のこのペースって
お父さん、お母さんみんなに会えるのって
あと何回なんだろうって思ったら
家族のそばで暮らしたいと
思うようになりました。

3.11の地震が起きた時に
毎日毎日を大切に生きたいと思って
いつ死んでも
しておけばよかった後悔だけは
絶対したくないって
わがままのギリギリまで
やりたいことをしてゆこうと思いました。

お友達のいもうとさんが亡くなられた時に
いつも隣にいるこの人が
明日も明後日もいるなんて
当たり前じゃないんだってわかりました。
この当たり前が
どんなに幸せな事なんだって
気付かされました。

だからケンカして
本当に憎ったらしいtysくんの時も
この後すぐあたしに
もしものことがあった時に
最後に見せたあたしの顔が
鬼のような顔でないようにと
心掛けるようになりました。

そしておじさんが亡くなって
またひとつ。

大嫌いなあたしのお父さん。
よぼよぼのおじいちゃんになるまで
どうか元気で生きて欲しい。

そしてみんな、他の誰もみんな
事故や事件
病気や戦争で
死んで欲しくない。

寿命というものが
もともと決まってるのなら

あたしは何年生きるつもりで
今日を生きているんだろう。

soraちゃん、(犬歳)11歳。
彼女もまた日々を全力で
駆け回っています。

負けてなんかいられません!!


--- Mog/tgm ---

お知らせ comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








先日、寄せていただいた写真をブログにのせましたら、
ワッフルとアイスの乗っていた、お皿はどこのメーカー?と、聞かれました。彼女が凄く気にいったそうです。
教えていただけませんでしょうか?
from. iguchi | 2013/08/24 23:13 |
iguchiさま

ご来店ありがとうございました。
問い合わせの件ですが、トークのリモウトというシリーズのお皿です。よろしければお店でもお取り扱いしておりますのでご覧ください。
from. Mog | 2013/08/26 22:12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mog2works.jugem.jp/trackback/349
<< NEW | TOP | OLD>>